文字サイズ設定:

「八雲プロジェクト」参加商品

最高峰の国産ひのきを知り尽くしてこそ完成したひのきの銘々皿

m0007_oke-05

小さな珍味いれ小鉢をのせてトレー代わりに、焼き海苔をのせるなど銘々皿に、自由に組み合わせてオブジェに、香りを楽しみながら多目的に使える

一見、なんの変哲も無い板のように見えるが、シンプルでこそ難しい隠れた技が随所に伺える。じっくり寝かせた密度のよいひのきに、機能美とも言える数ミリの面取りと角度、上面には 300年以上経ったひのきならではの柾目を引き出して、きめの細かい磨き仕上げをほどこしている。ひのきの酒合や枡でお酒を飲みつつ、この皿にのせたつまみを楽しむ。器たちの格別な味わいがある、是非、お薦めしたい。

深川桶栄