文字サイズ設定:

「八雲プロジェクト」参加商品

江戸時代に生み出された飽きのこない古典柄

江戸浴衣:松竹梅に菊

初山一之助作長板両面異柄正藍染。松竹梅に菊。あじろの柄織が全体に柔らかなトーンを演出している。綿100%

現代の洋服柄に近い新しい流れの浴衣柄も楽しいが、実に細かい古典柄には、丹念に時間をかけて型作りをする職人、織る人、生地の綿を晒す職人、糊付職人、染め職人と多くの職人技が詰まっている。

東京和晒