文字サイズ設定:

江戸古来の伝統的技法 長板中形による藍染め浴衣

東京和晒株式会社。
創業明治22年(1889)、繊維の色、不純物、製織時の糊などを取り除く、所謂、のり抜き・精錬・漂白の専門会社として創設された。
和晒の社名の由来もここにある。
江戸は中川と荒川に挟まれた豊富な水を利用した小幅綿布の晒(さらし)を生業とする初代瀧澤三次郎が興した事に遡る。当時の普段着と言えば、木綿の半ズボンやゆかたで、三河木綿や真岡木綿を晒し草加地区などの染工場で染められていたが、昭和22年(1947)東京和晒有限会社を発足、本格的にゆかた晒の工業化を図った。

m003_yukata-02a

和晒が販売を手がける初山一之助氏の長板正藍染浴衣。

ゆかたの需要は戦後、花柳界を中心に漸増し昭和30年(1955)頃には最盛期を迎えたが、洋装文化の広まりとともに斜陽化の時期もあった。しかし、近年浴衣は若者の間でブームとなり、本来、白地木綿に藍染めが浴衣の原則であったが、華やかな色合いの柄や洋服感覚の柄などが多く生産され、若者によって「浴衣は略装」の概念も変わりつつある。
東京和晒が扱う浴衣は現代的な柄から、江戸古来より伝わる現在無形文化財の長板中形による伝統的な古典柄を施した正藍染め浴衣と幅広い。
ここでは無形文化財長板中形技術保持者 初山一之助氏が染め上げた浴衣をご紹介する。

東京和晒