文字サイズ設定:

江戸の時代から続くエコの伝統、「江戸箒」

Shirokiya Denbe
白木屋伝兵衛店内

座敷箒の老舗である。
座敷箒は昔から作られていたが、「江戸箒」の名でホウキモロコシ(イネ科)による座敷箒を作り始めたのは、天保元年(1830)創業の白木屋中村伝兵衛商店。江戸からの変わらぬ技法を守り、現在に至っている。関西の座敷箒の材料はシュロが一般的で、ホウキモロコシの箒は江戸特有のものである。当たりが柔らかくコシがあって力を入れずとも掃きだせる江戸箒は、白木屋によって完成され、暮らしに欠かせない道具となった。

天保元年創業以来、当時と全く変わらない正に「手作り」の江戸箒は、掃除機の出現、時代の移り変わりの中で、何一つ変わることなく作り続けてきたそのこと自体が驚きである。材料のホウキモロコシは中々入手しにくくなったが、職人の極めた技は今日まで息づいているのである。
その秘密は。高野氏によれば、掃除機にない手軽さ、畳が痛まない、自然素材など現代にマッチする江戸箒の価値をお買い求めのお客様は知っていて購入して下さるそうだ。

箒はもともと呪術的な意味が込められた神事の道具であったそうで、絶やしてはならぬ大事な道具と言えよう。

白木屋伝兵衛商店