文字サイズ設定:

「八雲プロジェクト」匠のご紹介

出来上がりの美しさは、まるで現代アートの様

m001_tak02

50年の年輪・・・

高木清一氏。
箒の上部の編み目は少しづつ草を束ねたものをつなげていく大変力のいる作業だそうである。50年の職人暦が70歳を超えた今でもぴしっと力が入る。材質を見極めながら美しいフォルムができあがっていく。
彼のいつまでたっても「勉強」という箒造りの探究心が、出来上がった箒に緊張感と優しさを感じさせる。その素材のくせに合わせた無理のない仕上がりに大事に使おうという気にさせる説得力がそこにはある。

m001_tak01

気合の作業現場

白木屋伝兵衛商店